ビジネスマナーの習得にも訓練が必要

新人研修で教わる事の一つに「報・連・相」がありますよね。
報告、連絡、相談のことで、仕事を進めて行く上で必須のスキルですが、これを正しく行っている人は意外と少ないのです。

例えば報告ですが、「報告は、結論だけを簡潔に行う」と研修で教えられますが・・・

これが出来ない人の何と多いことか。

結論から」は報告時に常に意識する必要がありますし、「簡潔に」は結論を脳内で整理して言葉に変換する語学力が必要です。

また、報告は「いつ」「どのように」するかも教えられますが、これらも意識していないと出来ません。

そして、これも大事な事なのですが、報告には、「すぐにしなくてはいけない報告」と「まとめてすればいい報告」と「しなくてもいい報告」すらあるってことです。

ダメな報告

 

出来ない人は、訓練をしなかったのです。

何でもかんでも報告する貴方。 判断力が欠如しています。

指示されたことをいつまでたっても報告しない貴方。 仕事をしていない証拠です。

いつまでたっても結論から報告出来ない貴方。 新人から出直しなさい

仕事に於いて、訓練なしに出来ることなどありません

カテゴリー: ビジネスマンの心得, 仕事の方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>